歯を綺麗にしたい(審美歯科・ホワイトニング)

歯の見た目 気になり始めたら止まらない!~審美歯科・ホワイトニング~

女性

このようなことでお悩みではありませんか? お口の見た目は、お化粧などでカバーすることができないために、一度気になり始めたら解消されるまで笑顔が曇ってしまうという方もいます。このようなお悩みは、歯科医院のセラミック治療やホワイトニングで解決できます。まずは、お気軽に当院へご相談ください。

人工素材で美しく変えたい方はセラミック治療

ご自分の天然歯を白くしたい方はホワイトニング

人工素材で美しく セラミック治療

審美歯科で行っているセラミック治療とは、虫歯治療などで詰めたり被せたりした金属製の目立つ銀歯を白いセラミックのものに交換する治療をいいます。セラミックは透明感のある美しい白さを持ち、耐久性に優れている素材です。形や色を周囲のご自身の天然歯に近く調整できることから、自然な見た目が手に入ります。

前術

後術

また、金属は唾液や飲食物の熱などによって変色や腐食、金属イオンの溶け出しが起こる心配があり、金属アレルギーも懸念されますが、セラミック治療は金属を一切使用しないためこのような心配は一切ありません(そのため、「メタルフリー治療」といわれることもあります)。当院では、体にやさしいことからも、セラミック(メタルフリー)治療を推奨しています。

セラミック治療はほとんど自費診療です

花束

セラミック治療で気になるのが「比較的高額である」ということではないでしょうか? 現在では、疾病などによって損なわれた機能を回復する治療にしか健康保険が適用されません。セラミック治療のような見た目をより美しくすることを目的とした治療は保険適用外となるのです。

ですが、保険診療の場合、基本的に銀歯や歯科用レジンが用いられ、銀歯に関しては強度はあるものの見た目に美しいとはいい難い仕上がりになり、レジンに関しては短時間の治療で済み目立ちにくいものの強い力がかかると割れる・欠けるといったことが起こります。また、経年劣化や変色も気になるところです。その点、自費診療なら自然な美しさが手に入るのはもちろん、耐久性もあり変色にも強いため長期間にわたって使い続けることができます。満足のいく治療を受けるなら、自費診療のほうが良いといえるでしょう。

自費と保険の比較

~詰め物・被せ物~
オールセラミック(e-max)
インレー_オールセラミック
オールセラミックス

すべてがセラミックでできています。

【適用】 詰め物(インレー)

【メリット】 審美性が高く、透明感のある白さが手に入る

【デメリット】 強度がありすぎるため、強い力がかかると欠けや割れが起こることもある。

見た目:★★★★ 咬み心地:★★★
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミックスイ
ハイブリットセラミックス

セラミックにレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた素材で作られています。

【適用】 詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)

【メリット】 オールセラミックの硬すぎるというデメリットを解消し、咬み合う歯を傷つけない

【デメリット】 レジンを含むため、長期使用によって多少の劣化・変色がある。また、十分な美しさがあるが、オールセラミックには劣る

見た目:★★★ 咬み心地:★★★★
ジルコニア
インレー_ハイブリッド
ジルコニア

人工ダイヤモンドとも呼ばれる高級素材を土台とし、表面にセラミックを焼きつけた素材を使用。

【適用】 詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)

【メリット】 金属に近い強度と、セラミックの美しさを併せ持つ

【デメリット】 透明感があるため、歯の芯とするコアが金属の場合、透けて見えることがある

見た目:★★★★★ 咬み心地:★★★★★
メタルボンド
ホワイトクラウン
ポーセレンメタルボンド

金属を土台とし、表面にセラミックを焼きつけた素材を使用。

【適用】 被せ物(クラウン)

【メリット】 長期にわたって審美性の高い仕上がりが期待できる

【デメリット】 金属アレルギーのおそれがある。また、長年使用すると歯ぐきが黒ずむことがある

見た目:★★★ 咬み心地:★★★
ゴールド
インレー_ゴールド
ゴールドクラウン

金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られた素材を使用。

【適用】 詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)

【メリット】 適合性が非常に良く、二次虫歯になりにくい。
適合性が非常に良く、二次虫歯になりにくい。 天然歯に近い硬さなので、噛み合う歯を痛めない。

【デメリット】 色が目立つ

見た目:★ 咬み心地:★★★★★
~土台(コア)~
ファイバーコア
ファイバーコア
ゴールドコア
欠損した歯に対して、そのままでは被せ物(クラウン)を被せられない時に使用する、人口の土台です。
自費と保険の素材があります。
  • ページの先頭に戻る

天然歯を白くする ホワイトニング

ホワイトニングとは、アメリカで開発された歯を白くする方法です。歯の表面に専用薬剤を塗り、歯の色素を分解し漂白します。人工物などを使用せずに、ご自分の天然歯をそのまま白くしたい方におすすめの方法です。なお、差し歯などの人工物は白くできませんので、その場合はセラミック治療をご検討ください。

ホワイトニング前

ホワイトニング後

【気になる歯の黄ばみの原因は?】

1.飲食物の着色汚れ

黄ばみの原因のひとつにあたるのが、食べ物や飲み物、喫煙などによる着色汚れ。コーヒーや紅茶、赤ワインやカレーなどのスパイスに含まれている色素が歯の黄ばみの原因になります。

2.加齢

年齢とともに歯の表面にある透明なエナメル質が次第に薄くなってきます。また、内側の黄色っぽい象牙質の色味が濃くなることにより透けて見えるようになります。

3.抗生物質

テトラサイクリンという抗生物質を長期間服用されていた方は、歯が黄ばむことがあります。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2種類があり、この2種類を併用した「デュアルホワイトニング」という方法もあります。ご自分のライフスタイルに合ったものをお選びいただけます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で自分の手で行うホワイトニング。歯科医院で歯型を取って作製した専用のマウスピースに比較低濃度の薬剤を注入し、歯にじっくりと浸透させることで歯を白くします。ご自宅で好きな時間に取り組めます。効果が実感できるまで2週間ほどかかりますが、後戻りの少ない透明感のある白さが手に入ります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング。比較的高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射することで歯を白くします。即効性が高いため、短時間で早く歯を白くしたい方におすすめですが、後戻りが早いのがデメリットです。また、薬剤の濃度が高いため、知覚過敏の症状が出ることがあります。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングでスピーディーに歯を白くし、ホームホワイトニングで持続性を保ちます。両方のメリットをかねそなえた方法です。

  • ページの先頭に戻る