お母さんから虫歯がうつるって本当!?(虫歯の原因)

虫歯の多くはお母さんから感染します

虫歯になりにくい口腔内環境にするためには、2歳までに虫歯菌に感染させないことが大切。乳歯に虫歯がなければ、将来虫歯になる確率は10分の1にまで抑えられるといわれているのです。では、虫歯菌の感染は、どうやって防げばよいのでしょうか。

まだ歯の生えていない赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。しかし、大半の子は、歯が生え始める生後半年くらいから虫歯菌が棲みつくようになります。これはいったいどうしてでしょう? 食べ物の中に虫歯菌がいる? いいえ、違います。虫歯菌は、生活の中でご家族、おもにお母さんから感染するのです。

赤ちゃんのための行為が虫歯菌の感染につながることも……!

  • ミルクの温度を確かめるために、哺乳瓶に口をつける
  • 食べ物の温度を確かめるために、お箸やスプーンに口をつける、共有する
  • 赤ちゃんにキスをする
  • 赤ちゃんの口に触れやすい手や指に口をつける
  • 硬い物を親御さんの口で咬み砕いてから食べさせる

口移しについて気をつけていらっしゃる親御さんは増えてきています。しかし、どんなに神経質になっても、生活の中で完全に接触を避けることは難しいのも事実です。虫歯になりにくい口腔内環境にするためには、ご家族の方のお口の中に虫歯菌が存在しないようケアに努めることが大切なのです。

虫歯の経験があるなら赤ちゃんのためにも予防をしましょう

虫歯の経験をお持ちの方のお口の中には、虫歯菌が棲息しています。口移しなどの接触を避けるだけではなく、ご自身でお口の中を清潔&健康に保つようにしましょう。そこで有効なのが歯科医院の予防処置です。当院で行っている、予防歯科メニューをご紹介します。

定期検診

虫歯は治療しても、その後のケアによって再発しやすい病気です。虫歯にならない、再発させないためにも、定期検診の受診をおすすめします。3~6ヶ月に一度は歯科医院でお口チェックや適切なケアを受け、健康な口腔内環境の維持に役立てましょう。

歯みがき指導

歯みがき指導

セルフケアで重要な歯みがき。毎日のことですので、ついつい自分のみがき方のクセが出てくるもの。歯並びやお口の状況に合わせて、効果的でみがき残しの少ない歯みがき方法を指導いたします。

PMTC

PMTC

PMTCとは、専門器具を用いたお口のクリーニングです。毎日のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の汚れを徹底的に除去します。仕上げに、歯の表面をツルツルにみがき上げますので、虫歯菌の棲みかであるプラークの付着を防ぐことができます。

  • ページの先頭に戻る

お口の病気は自然に治りません

歯みがき指導

人間の体の中でも、唯一、自然治癒力がないのが「歯」です。治療で削った歯は二度と元に戻ることがなく、治療を重ねれば重ねるほどもろくなってしまいます。お口の健康を維持するためには、治療が必要になる前のメインテナンスが重要です。

近年、予防の有効性から、歯科医院は治療に通うところから予防のために通うところへという意識が高まっています。今は何もトラブルがなくとも、将来のトラブルを防ぐため、またお子様のお口の将来のためにも、歯科医院の予防歯科をお気軽にご利用ください。

虫歯があることがわかっているなら……

虫歯とわかっているけど歯医者が怖くて放置している。大人でも、こういった方は少なくありません。ご自身の歯を末永く維持するためだけでなく、お子様・お孫さんへの虫歯感染を防ぐために、治療しておきませんか? お母さんだけでなく、赤ちゃんに接触する機会のある、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんも、お口の健康に注意して、ご家族みんなで子どもの歯を守りましょう!

  • ページの先頭に戻る