子どもを歯医者嫌いにさせないために

生涯歯を守るためには最初が肝心

歯は一生つきあっていく、大切な体の一部です。万一歯を失ってしまっても、現在では代用となる人工的なものがたくさんありますが、天然歯に勝るものは未だ登場していません。末永く自分の歯を維持するためにも、予防のために歯科医院へ定期的に通う習慣をつけましょう。

親御さんへのお願い

大人でも歯科治療に対して恐怖心をお持ちの方はいらっしゃいます。ご自身が受けた治療経験から恐怖心が生まれる場合もありますが、「歯医者さんは怖い」といった先入観があるために歯医者を避けてしまっている場合もあります。お子様に誤った先入観を植え付けないよう、ご家族の方もご協力をお願いいたします。

こんな点に気をつけましょう

お子様をたしなめるときに、歯医者を引き合いに出さないでください。

「何もしない」「見てもらうだけ」といったように、うそをついてまで連れて来ないでください。

歯科治療で痛かった経験があっても、小さなお子様には話さないでください。

治療で泣いたり嫌がったりしても、叱らないでください。

治療後は、大げさなくらい家族中で褒めてあげてください。

次の治療につながるよう、自信をつけてあげられる声掛けをしてあげてください。

予防のために通院を

歯科医院は、歯のトラブルが起きてから通うものとお考えではありませんか?

歯を守るためにもっとも重要なことは「予防」です。トラブルを未然に防ぐことができれば、自分の歯をずっと使い続けることもできますし、治療が必要になった場合よりも痛みや費用を抑えられます。小さいうちから予防のために歯科医院へ抵抗なく通院できれば、将来もご自身で健康な口腔内環境を維持することができるでしょう。

親御さん自身が歯医者さんに対してあまり良い思い出がないと、お子様にもそういった印象を与えがち。治療を避けてしまうことで、お子様が将来、歯のことで悩んだりつらい思いをしたりしないように、親御さん自身の歯科医院に対するイメージを変えるよう努めてみてください。

当院の子どもへのアプローチ

いきなり治療で通った場合と、予防のために通う場合では、お子様の歯医者への印象も違ったものになるでしょう。当院では、歯医者に対して「痛い思いをする」というイメージを抱かせないような工夫をしています。

治療ではなく予防のために歯科医院へ。でも実際の診療はどのように進めるのでしょうか?とし歯科医院の子どもの歯科診療の流れ

  • ページの先頭に戻る