歯医者で受ける予防歯科

大切な歯をプロの手による予防処置で守る

虫歯予防のためには毎日のご自宅でのケアに加え、歯科医院でできるプロフェッショナルな予防処置を活用することが大切。当院で行っている、お子様向けの予防歯科メニューをご紹介します。

お子様向け虫歯予防メニュー

PMTC~専門的な歯のクリーニング~

PMTC~専門的な歯のクリーニング~

大人でも毎日の歯みがきだけでは、しっかり汚れを落としきることは困難。PMTCは、歯科衛生士の手による、専門器具を用いたお口のクリーニングです。虫歯菌や歯周病菌が棲みつくプラークや歯石を徹底的に除去し、再付着を防ぎます。虫歯予防だけでなく口臭予防にも役立ち、処置後はすっきりとした爽快感があります。

歯みがき指導

歯みがき指導

虫歯予防の基本である歯みがきは、お口の中の状況によって適切な方法が変わるもの。歯みがき指導では、お子様のお口に合った歯ブラシの選び方やみがき方を指導します。当院では、まずお子様本人に指導をし、その後、親御さんにも覚えていただくようにしています。

仕上げみがき指導

仕上げみがき指導

仕上げみがきといっても、ただ力任せにみがくのは逆効果です。お子様が歯みがきを嫌がる原因にもなりかねません。当院では、お子様と親御さんが楽しめる、効果的な仕上げみがき方法を指導しています。

お子様の歯の毎日のケアには、親御さんの仕上げみがきが不可欠。小学校低学年までは、しっかり親御さんが仕上げみがきをしてあげましょう。

シーラント

シーラント

6歳頃から生えてくる奥歯「第一大臼歯(6歳臼歯)」は虫歯になりやすい歯。歯ブラシが届きにくいこともありますが、深くて複雑な形をした溝があるため、そこへ食べかすや虫歯菌が侵入しやすいのです。この溝をあらかじめ人工的に埋めてしまう処置がシーラント。お子様の奥歯の虫歯予防に効果的です。

顕微鏡検査

唾液などを採取し、細菌を顕微鏡で特定します。虫歯菌や歯周病菌だけでなく、真菌(カビ)などの目に見えない微生物を特定することで、お口の傾向を把握でき、予防に役立てることができます。

フッ素について

親御さんのお子様の歯を守りたいという意識の高まりから、フッ素の効果について一般によく知られるようになってきています。しかし、なかには効果を過信している方も少なからずいらっしゃるようです。フッ素について正しい知識を身につけ、お口のケアとして適切に取入れましょう。

フッ素の効果

生え始めの乳歯や永久歯は、抵抗力が弱く虫歯になりやすいものです。しかし、お子様は自分ひとりではケアはしきれません。そこでおすすめなのが、フッ素です。虫歯になりやすい歯にフッ素を活用することで、虫歯予防に役立ちます。

歯質の強化

フッ素が歯の表面のエナメル質に取り込まれることで、虫歯菌の出す酸に強い歯になります。

歯の修復を助ける

虫歯になると酸によってエナメル質が溶かされますが、フッ素にはこの溶けたエナメル質を再結晶化(再石灰化)させる働きがあります。そのため、ごく初期の虫歯であれば、フッ素の塗布によって虫歯を改善させることが期待できます。

虫歯菌の活動を抑える

虫歯菌が棲みついているプラークの中にフッ素が入り込むことで、虫歯菌の活性化を抑えられます。虫歯菌の「酸を出す」という工程を抑制することになるのです。

フッ素を取入れる際の注意点

大量摂取は危険です!

虫歯予防に効果的なフッ素も、大量に摂取することは危険です。成人でさえ大量に摂取すると、吐き気・腹痛・下痢・けいれんといった症状を引き起こします。そんなに多量に摂取することはないかもしれませんが、リスクを知ったうえで活用するようにしましょう。

効果を知って他のケアと組合せましょう

フッ素の働きは「歯を丈夫にすること」。けっしてプラークを付着させづらくしたり、虫歯菌を退治したりできるわけではありません。そのため、歯みがきなどで汚れを落とすことを基本にし、虫歯予防の補助としてフッ素をお口のケアに取入れるようにしましょう。

  • ページの先頭に戻る

定期検診でお口の成長と健康を見守る

予防処置を行ったからといって一安心ではありません。大人でもお口の中の状況は日々刻々と変化し続けています。成長期にあるお子様であればなおさら、その変化は良くも悪くも大きいものとなります。

当院では、定期的に専門家の目でお口の中をチェックする「定期検診」の受診をおすすめしています。虫歯の有無だけでなく、歯の生え方や咬み合わせなども確認でき、適切な時期に適切な処置を行えます。また、万一トラブルの予兆があっても早めに対応できるため、痛みのほとんどない簡単な治療で済むことがほとんどです。

定期検診を受けるタイミングは?

お子様のお口の状態にもよりますが、年に3~4回を目安にお考えください。習い事やスポーツで忙しいお子様も少なくありません。春・夏・冬の長期休みなどを利用して通院されるのもいいですね。

虫歯予防に効果的なグッズのご紹介

気になるグッズがあったら受付にお声かけください。

虫歯予防に効果的として、フッ素と並んでお馴染みなのがキシリトール。キシリトールはフッ素のはたらきを助け、歯の再石灰化を促し、歯質強化に役立ちます。甘いのに虫歯予防に役立つと、さまざまな商品に取り入れられています。

キシリトールガムなど、手軽に購入できる商品もたくさん登場していますね。当院では、キシリトール配合のガムやタブレット、チョコレートなどを販売しています。ぜひキシリトールも虫歯予防に活用してみてください。

ご存知ですか?飲み物でも歯が溶けること

甘い物の食べ過ぎが虫歯の原因と思われている方もいらっしゃることでしょう。これは間違いではありませんが、正確ではありません。そもそも、虫歯菌が甘い物に含まれる糖分を栄養源として酸を出し、この酸で歯が溶けていくのが虫歯です。

ここで気をつけたいのが、歯を溶かす酸は虫歯菌が出す酸だけではないこと。炭酸飲料やお酢ドリンク、アルコール飲料などは酸性が高く、歯が溶けることがあるのです。美味しい飲み物も、歯を溶かす原因となることがあるので、注意しましょう。

主な飲み物のpH値

虫歯予防で一番重要な毎日のセルフケア。あなたのやり方、大丈夫ですか? 自宅でできる予防歯科

  • ページの先頭に戻る