自宅でできる予防歯科

上手に歯みがきできているかな?

虫歯になりにくい食事をしましょう

上手に歯みがきできているかな?

歯みがきの仕方によって虫歯リスクが変わってくることがあります。当院では、患者様ごとのお口に合った歯みがき方法を指導しています。こちらでは、一般的なお口の状態の方に合わせた歯みがきの仕方についてご説明します。

歯医者さんが伝授!効果的なブラッシングをマスターしよう!

STEP1.基本の持ち方~ペンを持つように~

歯ブラシの正しい持ち方、できていますか? 力が入りすぎては、効果的なブラッシングができないばかりか、歯の表面を傷つけることにもなります。歯ブラシの毛先を活かしてみがくことが大切。ペンを持つように軽く握りましょう。

STEP2.基本の動かし方~毛先で小刻みに~

歯みがきは基本的に毛先で汚れを落とします。歯に毛先を当て1~数ミリほど小刻みに動かし、1本の歯を20~30回みがきます。このときに歯と歯の間に毛先が届くようにしましょう。大きく動かすと、歯と歯の間にみがき残しができてしまいます。歯の表面だけでなく裏側も同様にみがきます。

STEP3.前歯の裏側~歯ブラシの「かかと」で縦にみがく~

みがきにくい前歯の裏は、歯ブラシの「かかと」と呼ばれる持ち手に近い側の毛で縦にみがきます。上下ともにこの方法でみがきましょう。

STEP4.歯と歯ぐきの間~45度の角度でやさしく~

歯と歯ぐきの間はプラークや歯石がたまりやすい部分。歯ブラシを斜め45度に当て、歯ぐきを傷つけないように、やさしくみがきましょう。

STEP5.奥歯~みがく奥歯と反対の手で持って~

虫歯になりやすく、食べかすがたまりやすい奥歯の上部は、みがく歯と反対の手で歯ブラシを持ってみがきましょう。右奥歯は左手で、左奥歯は右手で。持ち替えながら、少し強めに小刻みに動かします。

STEP6.奥歯の根本~歯ブラシの「つま先」を使って~

みがき残しになりやすいのが、奥歯の根元です。顎の一番奥は歯と頬の間に食べかすがたまりやすい場所。歯ブラシの「つま先」、先端部分を使って舌側・頬側の両方から丁寧にみがきましょう。

STEP7.奥歯の側面~みがきにくいから特に注意~

咬み合わせ部分はしっかりみがけていても、みがき残しになりやすく、虫歯になりやすいのが、奥歯の側面です。上顎は奥歯の外側(頬側)、下顎は奥歯の内側(舌側)が特にみがきにくいところ。忘れないよう、丁寧にみがくようにしましょう。

STEP8.歯と歯の間~デンタルフロスや歯間ブラシも~

歯ブラシでみがきにくく、虫歯になりやすい歯と歯の間。こういった部分は、デンタルフロスや歯間ブラシを活用してきれいにしましょう。力を入れすぎると歯ぐきを傷つけてしまいますので、やさしく上下左右の汚れが落ちるよう、前後に小刻みに動かします。

セルフケアだけでは十分ではありません。みがき残しはプロケアにお任せください 歯医者さんで受ける予防歯科

  • ページの先頭に戻る

子ども用虫歯予防グッズも活用しましょう

お子様の歯に効果的な、さまざまな種類の歯みがきグッズが登場しています。

フッ素配合ジェル・ミネラル

フッ素配合ジェル・ミネラル

歯みがき後、就寝前に塗ることで歯の表面にフッ素を取り込ませます。20~30分はうがいをしないようにしましょう。なお、味は各種あります。

お子様用デンタルフロス

お子様用デンタルフロス

歯の形状に合わせて、さまざまなタイプがあります。1日1回はデンタルフロスを使用することが理想的です。使用できない場合でも、少なくとも1週間に2回は取入れるようにしましょう。

  • ページの先頭に戻る

虫歯になりにくい食事をしましょう

虫歯は食事の摂り方や生活習慣によって、予防効果が期待できます。虫歯は、虫歯菌がお口の中に残った食べかすの糖分を栄養とし酸を出すことで起こります。この仕組みをしっかり理解し、虫歯になりにくい食生活を心がけましょう。

虫歯になりにくい食習慣

栄養バランスのよい食事

栄養バランスのよい食事

栄養バランスのとれた食事は体の成長を促すだけでなく、歯質も高め虫歯菌への抵抗力を養います。

時間を決めた食事やおやつを

時間を決めた食事やおやつを

一度にたくさん食べられないお子様の場合、こまめな栄養補給が大切です。しかし、だらだらと食べていると、そのぶんお口の中に糖分が残ります。食事もおやつも、時間を決めて上手に栄養を摂るようにしましょう。

糖分の少ないものを

糖分の少ないものを

虫歯菌が栄養源とする糖分は、甘い物に含まれています。あまり砂糖が入っていないものが望ましいでしょう。また、虫歯予防に役立つキシリトール配合のおやつなどはおすすめで、甘さが感じられるのでお子様も好んで食べるでしょう。また、食べ物の好みは3歳までの食生活が影響するといわれています。虫歯の原因になりやすい、甘いおやつなどは控えめにしましょう。

しっかり咬んで食べる食事を

しっかり咬んで食べる食事を

よく咬むことで、殺菌作用のある唾液の分泌が促されます。また、お口の中の乾燥を防ぐことで虫歯菌の増殖を抑えます。

食後や就寝前の歯みがき習慣を

食後や就寝前の歯みがき習慣を

食後30分くらいから虫歯菌が活発になるとされています。食後はできるだけお口に糖分が残らないよう、歯みがきをする習慣を身につけましょう。歯みがきができない状況なら、口の中をゆすぐだけでも効果があります。また、唾液の分泌が減る就寝中は虫歯菌が繁殖しやすいため、就寝前の歯みがき習慣も大事にしましょう。

飲み物にも注意

飲み物にも注意

糖分の多い、ジュースやスポーツドリンクをあまり摂りすぎると虫歯の原因になりやすいため、普段の水分補給にはお茶や水がおすすめです。また、炭酸飲料や柑橘系のジュースなどは酸性度が高いものがあります。歯を溶かす原因になることもありますので、飲み過ぎには注意しましょう。

毎日気をつけていても、つい偏ってしまうのがセルフケア。歯科医院の定期検診やプロケアで、ちょっとした変化を見逃さないようにしましょう。歯医者さんで受ける予防歯科

  • ページの先頭に戻る